<< 萬来亭 印度料理 パニール >>
シェフズ・キッチン
シェフズ・キッチン
岡崎に昔からある「キッチンフクタ」の姉妹店という。
a0086188_993286.jpg
天気は予報どおり荒れ模様。雪から霙にまた雪に。
それでもこの店に出掛けたのは以前から旦那が行きたがってたからだった。

味 ★☆☆☆☆ 印象 ★★☆☆☆
↓人気ランキング参加してます。参考になったら応援クリックよろしくです♪
にほんブログ村 グルメブログへ




webで下調べをしたら、この店はキレイな建物の造りで
料理にこだわっているように見受けられた。
扉をくぐり、店内にはいると
広いフロアに前菜バイキングのテーブルが置かれていた。
2階へあがる階段があって吹き抜けになっているので
天井が高く、開放感がある。

a0086188_9183418.jpgメニュー形式は今ハヤリの前菜バイキングと
料理とワンドリンクを月メニューから一つ選ぶ。
(←クリックすると大きくなります)
①の「元祖!!洋食屋の牛タンシチュー」と
⑤の「モッツアレラチーズ、アンチョビ、
  ゆで卵、アボカドのピッツァ」を注文。

a0086188_10412429.jpg

バイキングは減ってもお客の要望がなければ追加はないようだ。
スープは1種類。この日はコーンスープ。
サラダ、フライ、肉料理、パスタ(1種類)等、
手作り豆腐もあったが最初からポン酢味がついている。
ピンチョスタイプのメニューがあったので
こんな盛り付けをして(写真右)遊んでみた。
さっそく食べてみると、野菜はしなしな。
揚げ物類は冷え切っている。
肉も同様に冷たくてカチカチに硬い。
全体的に塩がキツイ。


a0086188_1133927.jpgピザ。
具を放り投げて乗せたのか?
かたよった乗り方で、
アンチョビがどこにあるかと探すと
真ん中の付近1箇所だけに、
チューブから絞った形のまま乗っていた。
ぺらぺらの生地は切ると
パリパリと割れ、パサパサの食感。
以前冷凍のトルティーヤかナンをピザ生地代わりに使って焼いたことがあるが
それに近い。
アボカドは硬くて、歯ごたえがあった。
チーズもモッツアレラ・・・あのカプレーゼにつかう白いものを想像していたが
ピザ用モッツアレラが使用されていた。

a0086188_1194333.jpgタンシチュー。
デミグラスソースかと思えば
そうではない。
味噌が入ってるような味。
タンにはその味が染みこんで
スプーンで切れる柔らかさであるが
私の好みではない。


a0086188_11151826.jpgこの店の売りは「チョコレートフォンデュ」があることらしい。
デザート共にバイキングで取れる。
プレッフェルにチョコをつければ
あ~ら、ポッキーに早代わり~♪
と遊んでみた。
他にはパンプキンプリンと和風ティラミスなどがあった。

a0086188_11184582.jpgコーヒーは薄いヨーロッパテイスト。
紅茶には香りはない。


この日はとても悪天候で、風も強かった。
店内はドアが開くたびに冷たい風が入ってきていた。
その中で冷え切った前菜をとり、食するとすっかり体が冷え切ってしまった。
普通はおなかが一杯になれば「身体はあったまる」はずなのに。

この店に伝える言葉をひとつ選ぶなら
私はこう伝えたい。
「料理は愛情で作るものだ」と。
[PR]
by caie050505 | 2007-01-09 11:25 | 洋食・カフェ・喫茶店
<< 萬来亭 印度料理 パニール >>


《味の星基準》
カテゴリ
タグ
フォロー中のブログ
エキサイト以外のリンク
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧