<< 石釜パンの店 ダーシェンカ ガナパティ・ババ >>
クッチーナイタリアーナ Ja-Ja(ジャージャ)
クッチーナイタリアーナ Ja-Ja(ジャージャ)  
a0086188_10464042.jpg
隠れ家的・アットホームな・・・と店名リンク先にあるが、
大通りを一本中に入っただけなのに、よくわかってないとたどり着けない。
民家の立ち並ぶ中、
ぐるりと庭とエントランスに囲まれた中に、ちょっと小洒落たイタリアの田舎風建物。
あまりに他になじんでいて、お店とわからず通りすがってしまう。
そんなところが隠れ家的なのか。
この店は平日のランチ時間、
奥様方が開店を待って駐車場で待機してるほどの人気店だという。

実はUPしようかずっと悩んでいるうちに、数ヶ月たってしまった。

味 ★★★☆☆  印象 ★☆☆☆☆

↓人気ランキング参加してます。参考になったら応援クリックよろしくです♪
にほんブログ村 グルメブログへ
おかげさまでB級グルメカテゴリー1位ランキング中♪今日も応援お願いします♪
にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ



建物の周りを囲む駐車場から黒いガーデニンクに使われる枕木でできた門をくぐると
店の入り口まで長いエントランスが作られている。
オリーブをはじめとりどりの木々が道の両側を彩り、
美術館の庭を歩いている気分にさせられる。
駐車場から見える入り口付近に車を停めると、実に建物を一周するくらい歩く。

a0086188_1134372.jpg店内は天井の高い白壁。庭に面した窓は大きくとられ、
昼だと明るい日差しが差し込む。
お子様用の椅子が用意されているのが印象的。




a0086188_11595761.jpg紹介するのはディナー。
3月の始め。
旦那のバースデーのお祝いといって
後輩君がセッティングしてくれたのである。
コースを予約済み、とのことでメニューを写真に収めるのははばかってしまった。
ワインリストだけは撮ってある。(写真クリックで大きくなります)
可もなく不可もなく、ポピュラーなワインリスト。
a0086188_11133392.jpg赤好きな私だが、まずは白を注文。銘柄ダブルッツォ。
適度に冷えていて、飲みやすかった。女性向だな。

a0086188_1119372.jpgオードブル3種。
ガーリックトースト
白アスパラの生ハム巻サラダ
蛸のカルパッチョ。
ここの料理はオリーブオイルの香り使いが上手と思う。

a0086188_11294777.jpg手長海老のグリル。
お頭つきの海老は豪華だが、
手長海老になると更に豪華に見える。

a0086188_11383830.jpg
好きなパスタが選べるコースだったので
4人がそれぞれに選んだ。
正確なメニュー名は失念。わかりやすい表現で紹介しようと思う。
左上:海の幸のクリームソース。
左下:海の幸のペスカトーレ(トマトソース)。
右上:リングイネのジェノベーゼ。生ハム添え。
右下:カルボナーラ。

ジェノベーゼは旦那のオーダー。
少し食べさせてもらったところ、ソースとしては薄い。
もっともジェノベーゼパスタは途中でくどくなることが多いので
このくらい薄いほうが全部食べきれていいのかもしれないが、
物足りなさを感じる。
左写真、同じく海の幸とメニューに載ってた気がするが、
同じ海の幸でもペスカトーレのほうがアサリが入ってるので得した気分。
これは私がオーダーした。

その店のパスタが美味いかと見極める為にオーダーするなら
私の場合、ペペロンチーノ、もしくはペスカトーレで決めている。
さて、このペスカトーレ。乳化はされてない。

カルボナーラは以前食べたことがある。
ちゃんとしたパンチェッタで作られていた。
が、味はやっぱりあっさり。カルボはくどいくらいの方が美味いと思うんだが。
全体的にあっさり目で作られているのは女性客が対象だからなのか。

a0086188_11503148.jpgメインは牛フィレのステーキ。
これもあっさりとまとまった味。
最初から切ってテーブルに出される。(何故?)


a0086188_1152546.jpgデザートはシフォンケーキがカットされ、
ココットに盛り付けられてでてきた。
誕生日の旦那にはチョコでメッセージ。
他の人とデザートメニューは同じ。a0086188_1154348.jpg









・・・皿はノリタケかな。


a0086188_1155768.jpg〆は紅茶を注文。
まぁ・・・こんなもんか。
ダージリンのセカンドフラッシュを出せとは言わないが・・・。

なんにしろ、この店は「女性向き」の味つけ・量・飾りつけだと思う。
ガッツリ系の旦那には少々物足りない。


これだけの雰囲気でありながら
冒頭の印象が星1つだったのに疑問を感じた方もいるだろうか。
実はこのときは店員の対応に直接会わなかったので、
普通なら星3つというところなのだが。
前回訪問のランチの時の印象が未だに自分の中に残っているせいがある。

以下はそのときに起こった事と印象である。

まず営業時間がわからず、駐車場についたのは10時30分。
門にはcloseの板がかけられていた。
車で待つにしろ、開店時間を知りたかったので、門の辺りを探すが案内はない。
店の入り口まで行くが、そこでも案内は見当たらず、
ドアノブを引いてみると鍵がかかっている。
中にはスタッフがいたので、私たちに気付いて出てくるも、
「なんですか?」といわんばかりの表情で「開店は11時からです」といい置いて
さっさとドアを閉め、鍵をかける。
この時点で「大丈夫か?この店?」と疑問が頭をもたげるが、
門の外で待っていると開店時間になり「open」板に変える為、スタッフが出てくる。
すぐ脇で待機している私たちには目もくれず。
(当然「いらっしゃいませ」の言葉もない)
店内ではスタッフが忙しそうにしているのは、他の人気店と代わりがないが、
清算時にカウンターにあったクーポン付の地元紙が開けておいてあったので
引き寄せて見、あら、どの道ランチには使えないのね。と手を離すと
会計をしていた若い女性のスタッフがひったくるといった感じで
無言で本の位置を直した。
言葉にするなら「勝手に動かすな!」といったところか。
何よりスタッフ全員に笑顔はまったく見受けられず。
「私はこの店で働いてるのよ、エライのよ!」
などと天狗鼻っぽい雰囲気が伝わってきた。

せっかくこのあたりで「小洒落でまあまあ美味しい店を見つけた」と
味に対していい印象を持ったのに、全てが台無しに。

もっとも、もう半年以上前のことであるので、今は改善されているかもしれない。
が。
店と客とは一期一会。
一度印象を悪くすると、リピートは無くなる。

特に私の場合、ある程度のものなら自分で作って食べる。
外食するのは「気持ちよく美味しいものを食べ、新しい味を知りたい」からなのだ。
どうか店の方には味や店の外観・内装だけでなく、
客をサービスする(もてなす)ということも大切にしていただきたい。


↓人気ランキング参加してます。参考になったら応援クリックよろしくです♪
にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ B級グルメへ
[PR]
by caie050505 | 2007-05-17 12:27 | イタメシ
<< 石釜パンの店 ダーシェンカ ガナパティ・ババ >>


《味の星基準》
カテゴリ
タグ
お気に入りブログ
エキサイト以外のリンク
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧