<< 大宝亭 まるは本館 >>
蒲郡プリンスホテル(サマーバイキング)
蒲郡プリンスホテル  HP
住所 : 〒443-0031 愛知県蒲郡市竹島町15-1  MAP
TEL : 0533-68-1111 FAX : 0533-68-1199 
2008年夏の開催日は終了
a0086188_23432978.jpg
蒲郡プリンスホテルってのは格が高いが
夏に、日にち限定ディナーバイキングをやってると。

話を持ってきたのはバイキング好きの旦那であった。

味 ★★★☆☆ 印象 ★★★★☆ リピート期待度 ★★☆

初めてお越しの方は必ず「使用上の注意」をお読みください。

使用上の注意

↓人気ランキング参加してます。参考になったら応援クリックよろしくです♪
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村 グルメブログ 中部食べ歩きへ
にほんブログ村




a0086188_23534451.jpg道路沿いに建つ宴会場がバイキング会場。
ウェディングにも使われているようで
めかしこんだ新郎新婦が歩いてきそうな階段の下
ウェイティングボードが会場を示す。

開始は5:30。
早めに行くとロビーのすわり心地の良い椅子に
掛けて待つように促された。

このプリンスホテルは結構格式が高いらしいと聞いてきた旦那。
ジーンズとサンダルで行ったらまずいかな?と心配していたので
わざわざドレスコードの確認をしたが
このバイキングではまったく問題はなかった。

時間になるとエレベーターで会場に誘われる。
このあたりの対応は
さすがホテルマン達であるといえる。

費用は先払いで4,500円/大人。
この夏のテーマは「スタミナ」だったらしい。
アルコール飲み放題が1,000円で出来た。
(内容は生ビール(一番絞り)・日本酒(冷酒)・焼酎・ワイン(赤・白))


a0086188_22312513.jpg
冷菜コーナーの料理。
生野菜のサラダコーナーと
他には季節の魚料理。

・ハモのあぶりと寒天
・びんながマグロのカルパッチョ


a0086188_22345077.jpg・スモークサーモンと野菜
・刺身


刺身は
 マグロ皿
 イカ素麺+甘海老皿
 帆立+甘海老皿の3種類。

バイキングで刺身が出るのは珍しいが
ここの刺身はさすがの新鮮さ。
(何回もリピートに行った)



a0086188_22361366.jpg・マーラーメン

等。

マーラーメンは麺がのびてた。

こういうところでは
しょうがないのだろう。


a0086188_22365718.jpgスープ類は3種類。
・クリーム系の冷製スープ
・トマト系(デミ系?)の温性スープ
・牛すじと?のミラノ風

いかにもホテルのレストランでござい
というような、どっしりとした味わい。


a0086188_22413635.jpg・しゅうまい2種類
・アナゴの散らし寿司+山芋とろろ

しゅうまいは蒸しすぎて
皮がふやけ気味

a0086188_2244381.jpg・煮物は筑前煮系
 このまんまる里芋は・・・業務パック製かな。
 (少なくとも下ごしらえのところは)

・鶏肉のバンバンジー


a0086188_22555065.jpg・海老とポテトのグラタン
・豚肉のレッドカレーソース


a0086188_2257879.jpg・ビビンバ
 隣の温泉卵もビビンバ用らしい。
 (私はカレーにトッピングしたが・・・)


a0086188_22583337.jpg目玉のライブでシェフが焼いてるソテー。
ビーフとチキンがあった様子。

a0086188_23291936.jpgサイドには
スペアリブ。

a0086188_2311898.jpg・蟹クリームコロッケ
・エビフライ

これは結構おいしかった。


a0086188_2322654.jpgデザート。
・抹茶アイスとシャーベット
・マンゴーカクテル
・カスタードプリン
・抹茶とチョコケーキ

デザートは食後にちょうどいい甘さ。
生クリームもちゃんとしてた。

a0086188_2375873.jpg・飲み物は
 コーヒー(オフィスサービスコーヒータイプ)
 日本茶・紅茶はティパック

 他にアイスでソフトドリンク
 (種類はド忘れ^^;)

a0086188_2395340.jpg他にも料理は帆立のハーブグリルっぽいのとか
ゴーヤチャンブル。
カレーで味つけした豚肉などなど
手間をかけた種類が並んでいた。
バイキングでは定番のカレーも。


私が一番印象に残ったのは
刺身であった。
旦那は蟹クリームコロッケ。
(ここら辺に好みの違いが出る)


a0086188_23171746.jpg時はオリンピック。
プロジェクターが用意され、
ライブ放送の試合が映されていた。

(おめでとう!吉田選手っ!)



さすがのホテルのサービスは
ゆったりと食事をさせてくれる。
料理は宴会料理だな、とは思うが、
普段そんなに食べない食材が揃って出てくるのは
得した気分でもある。
(普段ハモなんて、そうそう買わないからねぇ)

特に時間制限があるわけでもなく、
営業時間一杯までいられる。

ここを出たら竹島への橋を渡り、夜風に吹かれるのも一興である。
うまくすれば、ラグーナであがる花火も楽しむことが出来る。
a0086188_23233013.jpg

4500円という値段は、バイキングとしては高めだが
リッチな気分を味わいに行くのは、たまにはいいだろう。

初めてお越しの方は必ず「使用上の注意」をお読みください。
[PR]
by caie050505 | 2008-08-28 23:25 | バイキング
<< 大宝亭 まるは本館 >>


《味の星基準》
カテゴリ
タグ
お気に入りブログ
エキサイト以外のリンク
以前の記事
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧